生きていく中では、良いことや悪いことが繰り返し起こる。
また、立て続けに良いことが起きたり、立て続けに悪いことが起きたりすることもある。「なんでこんなに調子がいいんだろう!」と幸せを感じることもできるし、「なんで私はこんなにも不幸なんだろう・・・」と感じることもできる。

でも長い目で見ると、それらは絶妙なバランスで均衡を保っている。
ただ、非常に複雑な繋がりで、そこには人間の力ではコントロールできない”何か”が存在しているんだと思う。

結局、いま起きていることが「良いか、悪いか」を判断することは不可能なんだなぁと思う。
良いことが起きた後に悪いことが起きたり、その逆で、悪いことが起きた後に良いことが起きたり…

良いこと・悪いことは上手い具合に反転するので、
自分の身に何か起きても「また反転するんだろうなー」というふうに気楽に構えていればいいんじゃないかな。

その点で起きたことに対してどうこう言うのはもうやめよう。
その先の線を繋げるために、いまできることをやっていこう。