会話風吹き出しの設定方法をメモっておきます。
迷ったら参考にしてくださいな。

吹き出しのデザイン

吹き出しのデザインは全部で9種類あるらしい。
以下に書いてあるコードをコピペすれば、すぐ実現できやす。

drop

A さん
これがdropか。
B さん
そうっすね。

std

A さん
これがstdか。
B さん
そうっすね。

fb

A さん
これがfbか。
B さん
そうっすね。

fb-flat

A さん
これがstdか。
B さん
そうっすね。

ln

A さん
これがlnか。
B さん
そうっすね。

ln-flat

A さん
これがln-flatか。
B さん
そうっすね。

pink

A さん
これがpinkか。
B さん
そうっすね。

rtail

A さん
これがrtailか。
B さん
そうっすね。

think

A さん
これがthinkか。
B さん
そうっすね。

アイコン画像の切り替え

現時点で用意してあるアイコン画像はご覧の通りっす。

icon=”6.png”とすれば、6.pngのアイコンに変わりまっせ。

A さん
6.pngに変更してみた

 

icon=”11.png”とすれば、11.pngのアイコンに変わりまっせ。

A さん
11.pngに変更してみた

名前の変更

name=”〇〇”を変更すれば、表示される名前も変わりまっせ。

ボブ
ボブです。

 

name=””とすれば、名無しさんになりまっせ。

こんな感じで名無しになります。

人物の位置

subtype=”L1″にすると、左側に配置されまっせ。

トム
左に来たぜ。
マイク
俺もっす。

 

subtype=”R1″にすると、右側に配置されまっせ。

トム
右に来たぜ。
マイク
俺もっす。

吹き出しのしっぽ

subtype=”L1″にすると、「話す」感じに。
subtype=”L2″にすると、「考える」感じに。

トム
話し中。

トム
考え中。

 

L・Rと1・2の組み合わせで色々変わります。時間があれば試してみて下さいな!