私は大人になるにつれて、「成功したい」、「認められたい」、「他とは違う存在でいたい」といった気持ちを持つようになりました。
マズローの欲求五段階でいう『承認の欲求』、『自己実現の欲求』ですね。

マズローの欲求五段階説
(引用:https://www.kaizen-base.com/contents/mgal-42356/)

社会的欲求までがちゃんと満たされてるからこそ、こうした欲求が出てくると思うんだけど、何か腑に落ちないというか。。。
何かに焦ってる自分がいるような気がして。
なんとなくだけどそれが分かってきたので、説明していこうと思います。

承認の欲求から上は競争の世界

そもそも私は競争が好きじゃなく、何が何でも勝ちたいとか、誰かを蹴落としてまで勝とうと思ったことが一度もないんですよ。ただ、負けたくはないという気持ちは密かに持ってましたが・・・(笑)
引き分け以上ならいいかなというレベルで、勝ちにこだわるタイプではなかったですね。

ただ、大人になるにつれて成功者とかお金持ちに興味が出てしまって、自分の中でも「成功して周りから認められたい」と思うようになりました。つまり、成功(=勝ち)にこだわるようになってしまったのです。

これが良くなかったですね。。。

なぜかというと、
この種の欲求(承認の欲求、自己実現の欲求)を実現させるには、周りとの競争で勝ち抜かなければならないと感じたからです。
そもそも競争が好きでない私にとっては、なかなかしんどいことなんです。

実際挑戦してみたんですけど、やっぱり精神的におかしくなっちゃいましたね・・・

途中から何を求めているのか分からなくなっちゃったんです。
成功を目指しても、それすら忘れてしまい、完全に迷走しちゃいました。

で、気づいたんです。

よりどころを持とう

私みたいなタイプの人間は、認められたいとか、成功したいとか、そういったものを追い求めるのではなく、自分にとって幸せだと感じられるようなよりどころを追い求めた方が良いです。

例えば、

  • 家族と会話しているときが幸せ
  • 犬と遊んでいるときが幸せ
  • 新しい知識を学んでいるときが幸せ
  • 工作しているときが幸せ

などなど、自分にしか分からない自分だけの幸せってあると思います。
気づかないかもしれないけど、それが自分のよりどころなんです。

よりどころっていうのは、自分が一番落ち着けるところだと思ってます。
その状態にいるときは、とてもリラックスしていて、心の底から幸せを感じられるのです。
成功を目指すわけでもなく、誰かと競争するわけでもなく、ずーっと幸せを感じられる場所。

もう既にあると思うから、まずはそれを探していきましょう。
成功とか目的なんかは考えなくてもいいんです。