自分は考えずに行動するタイプなので、
親からはよく
「ちゃんと考えろ」
って言われてた。

でも、最近ふと気づいたことがある。

「考えろ!」ってめっちゃ無責任じゃね?

親の言いたいことも分かる。
けど、考えろって言うだけじゃダメだと思う。

だって、考えるにしても、まず何を?ってなるじゃん。

だから、考えろとただ言うよりは、
もっと具体的に何をどう考えるかを示した方がいいと思う。

そして、もっと言うなら
数値的に見えるようになればいいと思う。
つまり、考えた結果数値が出てきて、
それを比較することで行動に移すといった具合だ。

例えば、衝動買いする癖があるとしよう。
「ちゃんと考えてから物を買うように!」
と漠然と言われるよりは、
「今買おうとしている物の値段を30(1ヶ月使うとして)で割って、1日あたりどれくらい使っていることになるか計算しなさい」
と具体的に言われて、それを実行する方がはるかに効果的だというわけだ。

一見、ただ計算させてるようにしか見えないが、
行動する前に計算するという癖が大切で、
今までなら
手に入れたい→買う
というプロセスだったのが、
手に入れたい→計算する→買う/買わない
このようなプロセスに変わる。

頭の中にある欲求を行動へ移す前に、一度頭を使って計算させワンクッション踏ませる。
大切なのは、行動の前にワンクッション踏む癖をつけることで、
一番簡単にできるのが、計算というわけだ。

最初は難しいかもしれない。
計算しても買ってしまうかもしれない。
でも、それでいいのだ。
計算する癖をまずは身につけよう。

最初の一歩。
そこからスタートさせよう。