起きてしまった問題に対して、
・どこが悪かったのか
・何が原因だったのか
・どうすれば良かったのかetc,

色々な対策を取ることはもちろん大切なのですが、どこかマイナスな印象を感じてしまいます。

もっとポジティブに考えてみましょう!

1つの事象に対して、
・どこが良かったのか
・なぜ良くできたのか
・より良くするためにはどうすればよいのかetc,

問題(マイナスなイメージ)と捉えず、事象(あくまでゼロベース)として考える。

悪い点ではなく、良い点を
原因(敗因)ではなく、勝因を
対策ではなく、さらなる進歩を

捉え方次第でこんなにも変わります。
どちらも大切なので、上手に使い分けるようになれるといいですね!